三代目清水屋のこだわり

製法

大豆を漬けるから、豆腐になるまでの約10工程すべて、昔ながらの手造りの製法で行っております。特にざる豆腐、よせ豆腐は、1つ1つ時間と手間をかけて、手作業で器に盛り付けております。創業89年間培われた極上の製法を、今も引き継いでおります。

安心・安全

当店では「地産池消」を基本の考え方として、近くて美味しくて、安全な製法で作られる大豆を探しておりました。 そして約8年前にその大豆と出会うことができました。それが、埼玉県小川地区の霜里農場で作られる大豆です。今年1月NHKプロフェッショナルに紹介されたカリスマ金子美登氏が古くから進めている、無農薬無化学肥料の栽培法により収穫された「小川青山在来」大豆です。また、極力添加物を抑えた豆腐造りを心がけています。

環境

豆腐造りで出る産業廃棄物「おから」を再利用することを目的に、おからドーナツやおからクッキーなど当店の主力製品に使用しています。極上の大豆から出る「おから」は、極上のスイーツになっております。また、どうしても余ってしまったおからは、各生産農家の堆肥作りに活用してもらい、またそこから極上の大豆が収穫される循環型社会に参加し、エコ対策に取り組んでいます。

おいしさの秘密

◆ 商品は全て、お店で一つ一つ丁寧に手作りしています。
◆ 余ったおからの活用ではなく、おからドーナツ用のおからを使用しています。
◆ 保存料・防腐剤を一切使用していません。自然素材のドーナツです。

※ 当店では一部商品を除き、小川町産大豆のおから、豆乳を使用しております。

おいしさの秘密

豆腐造りのこだわり

大豆

[大豆]
埼玉県小川町地区で古くから農家で作られてきた希少な「小川青山在来」大豆という極上の豆を使用、NHKのプロフェッショナルで紹介された、霜里農場で培われた、無農薬、無科学肥料の栽培法による、安心安全な大豆を使用。

水

[水]
創業89年になる清水屋の下を流れる軟水の地下水を汲み上げ、大豆を「水に漬ける」からの豆腐造りの全工程に使用。豆腐の旨みを引き立てる極上の「水」を使用。

[にがり]
豆腐は大豆とにがりの相性によって「弾力性」「つや」「甘み」が全く違ってしまいます。当店では、20種類以上のにがりで実験して、全国でもトップクラスの品質である「四国室戸沖の海洋深層水」から抽出された極上「にがり」を使用。

[弾力性]
豆腐をひとつ折りにしても約15度まで曲がる極上の「弾力性」を実現。

つや

[つや]
豆腐は、見て味わうもの!つやを見れば豆腐の善し悪しがすぐに判ります。当店では、透き通る様な極上の「つや」を実現。

[食感]
なめらかで、肉厚感のある豆腐でありながら、のど越しのよい、食べ応えのある極上の「食感」を実現。

[甘み]
極上の「小川青山在来」大豆と、極上の地下水と、極上にがりによる組み合わせにより、全国最上級の極上の「甘み」を実現。
※ただし、手造りの豆腐なので、弾力性、つやは季節や気候によって多少異なります。

店主からのメッセージ

豆腐とおからドーナツ専門店としてこれからもこだわりの味をお客様にご提供していきます。

ショッピング

お知らせ&新着情報

メディア掲載情報


2013年

 

ぴっかりざる豆腐(450円)が食材として使われました。


2013年2月12日発売

↑クリックで拡大


2011年

↑クリックで拡大


2011年

4月27日放映

↑クリックで動画再生

日本テレビ・はじめてのおつかい

4月27日(水)19:00~19:56放送


2009年

3月21日放映

↑クリックで動画再生

テレビ東京・アド街っく天国

3月21日(土)21:00~21:54放送


 


↑クリックで動画再生

テレビ埼玉・彩の国ニュース

おからドーナツ

こだわりお豆腐

豆乳スィーツ

おから焼き菓子

クッキー・ラスク

生ゆば・揚げ物など

生ゆば

おいしさの秘密

大豆の豆知識

モバイルサイト

ページのトップへ

Copyright© 2011 三代目清水屋 All Rights Reserved.