社長経歴

地元小川町大塚大関町の清水豆腐店の二男として昭和35年3月23日に生まれる。小川小学校卒業、小川東中学校卒業、城西大付属川越高校卒業、城西大学経済学部卒業。大学在学中アルバイトで貯めた資金でアメリカ1人旅に出る。一時期アメリカでの就職も考えたが、ラテラネットワーク(東京都港区)の羽田社長(近畿日本ツーリストから独立、創業)に見込まれ入社する。海外旅行用のガイドブックを発行する出版会社で、ハワイ担当になり、多い時期で年6回もの出張に出るなど、実績を積み上げ入社13年で営業部長となる。
入社16年目に両親が相次ぎ入院するのをきっかけに、実家の清水屋豆腐店の三代目となる。平成13年から公民館口座『豆腐造り教室』の講師をすることがきっかけとなり、地元小川町産の大豆を使った豆腐造りを始める。
Uターンから10年目に当たる平成19年、小川町駅前におからドーナツなど、豆乳やおからを使ったスィーツ専門の直営店『三代目清水屋』小川町駅前店をオープンさせる。新店舗のコンセプトは、従来の豆腐店の「暗い」「汚い」「臭い」から「明るい」「きれい」「いい香り」に変えて、お客様に入りやすいお店づくりにした。明るい店内は、女子高生も立ち寄るお店として、たびたびテレビやマスコミにも取り上げられ、おからドーナツは、当初の予想を大きく上回る売り上げとなり、全商品の7割の売上を占めるようになる。現在では、おからドーナツは、30種類以上を製造販売している。
平成21年11月、清水屋豆腐店を法人化し株式会社三代目清水屋を設立し、代表取締役社長に就任する。
平成22年9月、本格的なおからドーナツ専門店として、イトーヨーカ堂系列のアリオ深谷内に二号店目(11坪テナント)をオープンさせる。



平成24年3月1日

ショッピング

お知らせ&新着情報

メディア掲載情報


2013年

 

ぴっかりざる豆腐(450円)が食材として使われました。


2013年2月12日発売

↑クリックで拡大


2011年

↑クリックで拡大


2011年

4月27日放映

↑クリックで動画再生

日本テレビ・はじめてのおつかい

4月27日(水)19:00~19:56放送


2009年

3月21日放映

↑クリックで動画再生

テレビ東京・アド街っく天国

3月21日(土)21:00~21:54放送


 


↑クリックで動画再生

テレビ埼玉・彩の国ニュース

おからドーナツ

こだわりお豆腐

豆乳スィーツ

おから焼き菓子

クッキー・ラスク

生ゆば・揚げ物など

生ゆば

おいしさの秘密

大豆の豆知識

モバイルサイト

ページのトップへ

Copyright© 2011 三代目清水屋 All Rights Reserved.